生徒「A」海外研修 in LONDON Part2 ロンドンミュージカル | 東京表現高等学院 MIICA|クリエイター・作家・アーティストを目指すなら

生徒「A」海外研修 in LONDON Part2 ロンドンミュージカル

HELLO!!

1年生の女子生徒、「A」です!

 

今回は、前回のロンドン研修旅行の続きpart2として書きたいと思ってます!

前回の題材は、「ロンドン飯」についてでしたが、今回は…

 

ミュージカルについて書きたいと思います!

みなさんは、ミュージカルはお好きですか?

私は、すっごく好きです!

 

ロンドンでは、演劇やミュージカルが文化として、根強く残っています。町の至るところに、劇場があるので、観に行くお金さえあれば、気軽に観に行けます!もし私が、ロンドンに住んだら、毎日観に行ってしまうかもしれません(笑)

 

ここで、想像してみてください。みなさんがロンドンに行って、もし、ミュージカルを観るとします!そこで、みなさんなら、なんの作品を選びますか?

「オペラ座の怪人」や「ウィキッド」や「ライオンキング」など、様々な有名ミュージカルを観るのもいいでしょう!

ですが、せっかくロンドンまで来たんだから、あまり観たことのないものを観よう!とは、思いませんか?

私は、そう思って、あまり日本では有名ではないミュージカルを選び、観に行きました!

 

そのミュージカルの題名は…

 

「Matilda the Musical(マチルダ)」!!!!!!!!

 

みなさん、知っていますか?

ざっくりストーリーを説明すると、

「本が好きな5歳の女の子が、家族や学校の問題を解決していく。」

と言うお話なんですが、途中から、「念力」を持ったりします!

 

ざっくりと、ストーリーを紹介しましたが、テーマは「児童虐待」「抑制」とすっごく重いです…。

この「マチルダ」は、「夢のチョコレート工場」「チャーリーとチョコレート工場」の原作を書いている脚本家、「ロアルド・ダール」の「マチルダは小さな大天才」という本が原作になっていて、ファミリー向けで、楽しい、ポップな作品になってます!

(テーマは重いですが…)実際に劇場の中に入ると、子供を連れたご家族の方が多くいました!

その中で、髪の毛がカールしたおしゃぶりをしている女の子に手を振られたので振り返してみると、グッドサイン👍をくれました!!

とても可愛かったです!

 

開場時間になったので、ロビーから観客席に移動したところ、

なんと…ものすごく綺麗な景色が広がっていました!

思わず息を飲み込みました!

周りのお客さんが写真を撮っていたので、私も撮ってきました!!!

これがこの写真です!↓

 

天井までブロック(?)が続いていて、壁にはチョークで絵がたくさん書いてありました。

私が座っていたところの近くの壁にはこんなのが書いてありました!!↓

 

うん…可愛い。

こんな感じでどこをみても可愛くて、マチルダの世界にお芝居を観る前から入り込んでしまいました。

何回も何回も舞台の周りを見回してワクワクしていると、暗くなりました。

 

さぁ、いよいよ始まります!

すると突然、舞台の奥の方から「BIRTH DAY」と書かれたテーブルクロスがひかれた、長机が出てきました。

すると、合わせて8人くらいの男の子と女の子が机の下から出てきて、「マチルダ」がスタートしました。

最初の曲が「miracle」と言って、一番最初の曲とは思えないほど楽しく感動する曲になっています!!

その後も、当たり前ですが、とっても素晴らしい曲ばっかりで、とっても素晴らしいダンスもたっくさん!舞台芸術もすっごい迫力!あっという間に終わってしまいました。

 

ちなみに私が一番感動したお気に入りの曲は、「Revolting Children」です!

ぜひ聴いてみてください!

 

歌はもちろん、ダンスがものすごくかっこよくて、

私は家で一生懸命覚えて今は完璧に踊れるようになりました!笑。

 

今は、もう一回観に行きたすぎてうずうずしていて、Youtubeで何回も何回も好きなシーンを見ています(笑)

 

またロンドンまで観に行きたいと思っているので、バイト頑張って見つけてお金貯めます!

(日本でもやってくれないかなぁ…)

 

皆さんもロンドンへ足を運んだ時はぜひ、マチルダを観てみてくださいね!!

SNSで記事をシェアする

前の投稿 しきレコ vol……
ページトップへ戻る