演劇部について | 東京表現高等学院 MIICA|クリエイター・作家・アーティストを目指すなら

演劇部について

おはようございます

MIICA 3期生 1年生の人です! いぇあ!

ブログ書きます!

テーマは 105日にあった

’’演劇コンクール    について

お話しようと思います!😁

私は元々MIICAに入った理由が

『演技』     が出来るから!!  なんです

 

ここの学校に受かった時はもう演劇部に入るとすぐに決意しました

そして入りました!!! へへっ😏

演技はいいよぉ~  楽しいったらありゃしない!!

演技の体験授業 ぜひ受けてみては….💭

っと理由はこれくらいにして、コンクールの話をしていきます。笑

 

 

夏休みに入る前に城東地区大会に出ると顧問から聞きました。

なんと大会にMIICAが参加するのは  らしいんです!

そんな私達がやる名目が 宮沢賢治作 「飢餓陣営」でした!

本格的に稽古が始まったのは8月中旬頃?だったかな。

 

はじめの方は自分が出させてもらった舞台の集中稽古だったり部員が仕事などで忙しく

あまり参加ができず全員で集まることがあまりできませんでした。。

夏休みが終わる一週間前から舞台も終わり合流することができました!

こっからはほぼ稽古でしたね、それでまた芸術祭の準備期間が続き

ずっと稽古がしようにもできない状況でした。。。。

無事芸術祭が終わり地区大会の日が近づきます。

本番まで残り3週間、残り2週間、この期間は19302000 くらいまで学校に残り皆で練習していました、

 

そして本番当日。

 

他校の演劇を観て思ったことが 高校生らしい演出が多いと感じました。

制服を着ていてそれで日常にあるようなシーンとか、

高校生ならではのフレッシュさが入ったダンスとか、

大勢の人で魅せる演出だったり、

大人とはまた違う視点で物事を進めてったり、

観ていてそれぞれの校風が違ったりしていて面白かったです!!

結果は都大会推薦校にはなりませんでしたが初出場「奨励賞」を受賞できました!!

やったー😃

結果を聞いた時はすごく嬉しかったです。

 

やっぱり演技は楽しいなぁ。!

 

最後まで見て頂きありがとうございました!🙌

SNSで記事をシェアする

前の投稿 美味しいご飯が食…… 「大人と子供」 次の投稿
ページトップへ戻る